スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

borderline 

昨晩に引き続き街撮りするときの「被写体」について祐左の思うところを書いてみます

街並みを撮るとき、そこに全く通行人が写っていなかったら、それはそれで非日常的な写真として面白いかも知れませんが、祐左はしょっちゅう撮りたいとは思いません

街なかの景色はそこに行き交う人々を合わせて写してこそ、その街の本来の姿を切り取ったことになると思うのです

ただ、昨晩も書きましたように、昨今はストリートフォトを撮るのには非常にきびしい状態ですので、祐左は次のような事を心がけて写真を撮っています


心斎橋



↑このように写真にしたとき、そこに写っている他人様が特定出来ないような大きさになるように、広角寄りのレンズで引き気味に撮る


昨日書いたように、夕方から夜に掛けて撮影し、人物を特定出来ないように被写体ブレさせる


ショーウインドウ


↑のようにショーウインドウのガラスに反射させて撮る


いろいろ考えながら撮ってるんですけど、どうでしょう?

まぁ、自分の中でborderlineを引いておいて、それに沿って撮影するしかないんですがね



(これは祐左の考えであって、全てに通用するかは保証の限りではありません)



にほんブログ村 写真ブログへ


OLYMPUS PEN-F+38mm+PARADE100(F-3200で取り込み)


スポンサーサイト
[ 2007/09/07 21:19 ] OlympusPen | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukeza33.blog47.fc2.com/tb.php/703-d2167048






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。